HOME > 医院案内 > CT検査

CT検査

大規模病院にしかない最先端の3-D CT機器の導入をしています。

レントゲンではみえない角度からの画像は、診断技術を根底からかえていきます。勘にたよった診断ではなく、正確な画像診断は、これからの歯科治療には不可欠です。

CT検査を行うことで、より安全で無理のない治療が受けられます。
特に、インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。当院ではCT検査を行い骨の断面画像を撮影し、その画像を見ながら治療の計画をたてます。
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができるというおおきなメリットがあります。

CT検査の必要性 近年、歯顎顔面領域の画像診断においては、歯科治療の高度化に伴い、3次元画像診断の必要性が高まっており、インプラント治療や通常の歯科治療である埋伏歯抜去なども、埋伏歯と歯根周辺の骨の状態を正確に把握する必要があります。  また歯周病の進行状態の診断にも力を発揮します。  CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができます。  しかし、通常の歯科用X線装置では2 次元画像を取得するにとどまり、歯の様子を見た上での、経験に基づく診断・治療が行われています。

CTとは?CTとはコンピューター断層撮影(computer tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。  断面画像からは、体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することができます。すべての歯科医院がCT検査を行っているわけではありません。

CTの被爆について新聞報道などで、ガンの発生率の3.2%は診断被曝によるものという報道がありますが、当院の3D-CTは医科用CTに比べて被曝量は3分の1から5分の1です。また報道等では初期ガンの発見という大きな患者にとってのメリットが評価されていないという面もあり報道の正確さを欠くとの評価もあると言われています。

3D-CT機器を使用した、3次元撮影画像

最先端の3D画像診断 歯科用CTスキャナー

今まで ”見えなかったものが見える” ”判らなかったことが判る” ”できなかった治療ができる”正確な診断、快適な歯科治療のために。 当院では、患者様のご希望により、歯科用CTスキャナーの撮影を行っています。詳しくは当院スタッフまで、お気軽にご相談ください。

インプラントインプラント(人工歯根)治療を行うときは事前にインプラントを埋め込む部分のあごの立体構造を把握しておく必要があります。”歯科用CTスキャナー”の撮影により、あごの内部構造(骨の高さ・厚みや神経管 の位置)を立体的に確認することができます。正確な診断による、的確な治療計画は、安心できるインプラント治療の第一歩です。

歯列矯正歯列矯正の治療計画や、治療中の経過観察の際は、歯列全体の確認が重要です。”歯科用CTスキャナー”の撮影による緻密な診断は、最適な治療方法を導き出すことが出来るため、治療期間の短縮にも繋がります。

歯周病歯科用CTスキャナーの撮影により、歯槽骨(あごの骨)と歯の状態を立体画像で確認することができます。

CTスキャナーQ&A

Q:CTスキャナーとは? A: CTスキャナーとは、”コンピュータ断層撮影装置”のことです。 通常の歯科用レントゲン装置は、平面的(2次元)な画像ですが、歯科用CTスキャナーは、撮影したところを水平・垂直・斜めと見たい断面を自由自在に表示できるため、立体的(3次元)な画像診断が可能です。

Q:撮影時間は? A:当院の歯科用CTスキャナー(CB MercuRay)は、撮影準備に数分、撮影時間も僅か約10秒の高速撮影タイプです。

Q:エックス線の量は? A:当院の歯科用CTスキャナー(CB MercuRay)は、医用CTスキャナーと比べ、エックス線量が大幅に低減されています。詳しくは担当医にお尋ねください。

問診票ダウンロード

問診票ダウンロードpdf

プリントアウトしご記入の上、
ご持参いただくと受付の待ち時間が短縮される場合がございます。

ダウンロード

歯ブラシプレゼント実施中!

問診票にご記入の上ご持参頂いた方にもれなく歯ブラシ1本プレゼント!